早めの診察が大切|腸閉塞を放置するべからず

先生
腹痛

どういった病気なのか知る

髄膜腫は脳ドックの普及により無自覚でも発見される事が増えてきている、良性の場合が多い腫瘍となっています。治療を行う場合は出来るだけ早期の方が負担を掛けずに行う事が出来ますが、脳から出て来ている腫瘍ではないので、脳に傷を付けずに治療する事も可能な場合があります。

早めの診察がおすすめ

医師

腸閉塞という病名を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。お腹が痛くなるという内側だけのイメージがありますが、実は腸の外側に原因がある場合もあります。腸の外側に原因がある場合は、何らかの原因で腹部が圧迫されてしまい腸がねじれてしまうことです。腸がねじれてしまいますと、便をうまく排出することができず痛みの原因になってしまします。また高齢の女性に多いのが、大腿ヘルニアという病気です。大腿ヘルニアは腸が飛び出てしまう脱腸の一つで、腸が飛び出ているのがすぐに分かります。この状態になりますと、腸が正常に活動できなくなってしまいます。内側に問題がある場合は、腸閉塞の他にも大腸の病気が関わっています。高齢者の場合は便を外に押し出す力が弱くなっていますので、それが続くと腸に便が溜まり腸閉塞の原因になります。

腸閉塞は自然には治癒しませんので、早めにお医者さんに相談をすることが大切です。便の話をするのは聞きにくいこともあり躊躇ってしまう方もいるかもしれませんが、放置をしておくと悪化してしまいます。また、腸閉塞の他にも病気が隠れている場合がありますので気になる場合はすぐに相談をしましょう。軽い症状なら手術をする必要はありませんので、適切な治療をすることで治すことが可能です。腸が張っている状態ですので、まずは絶食をすることが基本的な治療として挙げられます。鼻から吸引チューブを入れて、小腸に溜まっている食べ物を吸引して外へと出します。症状が重い場合には開腹手術を行う場合もあります。事前に予防するためにも、飲み過ぎや食べ過ぎには注意しましょう。

カウンセリング

抗原と抗体を正確に診断

免疫沈降は抗原と抗体の規則性のことです。スズメバチに刺された時のアナフィラキシーショックもこれにあたります。免疫沈降法によって、膠原病などの自己免疫疾患の診断が正確につくようになりました。このことにより、早期に治療を開始することが出来、症状の緩和や患者の負担減に役立っているのです。

痛がる男性

腹膜転移した癌を治療する

早期の癌は治療が容易ですが、進行がんや転移癌は、癌性腹膜炎などを引き起こし、治療が困難になってきます。従来は、癌性腹膜炎に対する治療は対処療法が中心でしたが、最近では、免疫細胞療法などの新しい治療法の開発が進んでいます。