どういった病気なのか知る|早めの診察が大切|腸閉塞を放置するべからず

早めの診察が大切|腸閉塞を放置するべからず

ナース

どういった病気なのか知る

腹痛

脳腫瘍にも色々な種類があり、髄膜腫はその一つの種類となっており、それ程珍しい症状と言う訳ではありません。実際には現在日本で発症する脳腫瘍の中でも20%程度を占める位にメジャーなタイプになっておいます。腫瘍が大きくなって行くと吐き気やしびれなどの症状が出てきてしまう事もありますが、現在では無症状でも発見される事が増えてきています。それを可能としているのが、実際に受ける人も年々増えてきている膿ドッグで、これを行う事で見つかる事が増えました。また男性に比べると女性の方に多く発症する可能性がある病気となっており、現在の調査結果ではホルモンの影響があるという所まで分かっています。ただ実際には髄膜腫は良性の腫瘍の場合の方が多く、多くの場合は他の部位に転移する事無く、進行のスピードも遅いタイプとなっています。

一言で髄膜腫と言ってもその腫瘍が出来る部位によっても呼び方が変わり、治療の難易度も変わってきます。ただ実際には脳から発生する腫瘍ではないので、手術を行う場合も脳に傷をつける事無く行う事が可能となっています。早期に発見する方が勿論腫瘍のサイズも小さいので、より他の部位に負担を掛ける事無く手術を行う事が可能です。もちろん腫瘍のサイズと自覚症状があるかどうかと言った事等を考慮し、どのタイミングで治療するかという事を決める事になります。ただ髄膜腫は進行のスピードは遅い物となっているので、今すぐにどうこうしなければならないという場合は少なく、まずは治療のメリット、デメリットを把握してから治療を行う余裕も有ります。